スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕-埼玉県警(時事通信)

 埼玉県東秩父村の寺が全焼した放火事件で、埼玉県警小川署は28日、寺に掛けていた保険金をだまし取ろうとしたなどとして、詐欺などの疑いで同県小川町小川、元聖岩寺住職の西原弘道容疑者(53)を再逮捕した。同署によると、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は昨年11月5日、当時住職を務めていた聖岩寺の本堂や自宅、乗用車などを放火し全焼させ、代車分費用約23万円を詐取したほか、約3億円の火災保険をだまし取ろうとした疑い。
 同署によると、西原容疑者は火災前日、本堂や自宅などを対象に約3億円の火災保険に加入していたという。寺所蔵の文化財は火災前に運び出していた。 

【関連ニュース】
元家裁書記官に懲役11年=判決文偽造、預金詐取
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か

生活保護費詐取した男は人気占い師…「キタの父」のがめつい素顔(産経新聞)
小学教科書検定 「“ゲット”って何?」気になる検定意見(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 京都・東山の「月輪陵」拝礼(毎日新聞)
<高木美帆選手>1人の「卒業式」…北海道・札内中(毎日新聞)
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

重文の仏像盗難…収蔵庫の扉こじ開けられる(読売新聞)

 大阪府能勢町の今養寺(こんようじ)で、国指定重要文化財に指定されている木造大日如来座像がなくなっていることが23日わかった。

 収蔵庫の扉がこじ開けられており、大阪府警豊能署は何者かが侵入して盗んだ可能性が高いとみて、窃盗事件として捜査している。

<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
郵政改革、24日に骨格発表へ=原口総務相らと詰めの協議-亀井担当相(時事通信)
長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
差し押さえ逃れで仮登記=「指導」の弁護士、懲戒処分-鹿児島(時事通信)
ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)

「先祖返りだ」郵政改革法案に自民が反発(産経新聞)

 自民党の大島理森(ただもり)幹事長は24日の記者会見で、政府が発表した郵政民営化を見直す「郵政改革法案」について、「まさに『民から官へ』の郵政先祖返り法案だ」と述べ、強く批判した。

 大島氏は、政府案について「5年前、多くの民意をいただき成立した郵政の完全民営化路線を真っ向から否定するもの」と指摘。党内が法案への反対でまとまるかとの質問にも、「そういう見通しを持っている」と強調した。石破茂政調会長も政府案を「とても容認できるものではない」と批判した上で、党内の意見集約を急ぐ意向を示した。

 党内には、舛添要一前厚生労働相が会長を務める「経済戦略研究会」など郵政民営化の徹底を求める意見がある一方、民営化法案に反対して離党し平成18年末に復党した議員を中心に、民営化見直しに好意的な声もある。

 昨年12月の日本郵政株式売却凍結法案採決の際は、自民党は「審議拒否中」だったため、党としての態度表明をせずに済んだ。石破氏は24日、「(党内の議論に)大きな齟齬(そご)があるとは思っていない」と強調したが、意見集約が容易に進むかどうかは不透明だ。

【関連記事】
郵政改革基本法案を正式発表 民業圧迫批判に配慮 政府出資3分の1超
郵政、民営化から“肥大化”へ転換 民間に一定配慮も「基本」は堅持
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
生保協会長、郵政事業拡大に反対表明
「郵政改革法案、早期提出」 亀井郵政改革担当相
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<鳥取不審死>上田容疑者を強盗殺人罪で追起訴(毎日新聞)
「一票の格差」訴訟で名古屋高裁は「違憲」判断(産経新聞)
<秋篠宮さま>ラオスへ出発 28日に帰国(毎日新聞)
<もんじゅ>運転再開4月にずれ込む 5度目の延期(毎日新聞)
渡り廊下走り隊、1000人限定握手会で新メンバーお披露目

胴体に針金?食い込む、脚ひきずる野犬(読売新聞)

 広島県福山市箕沖町の工業団地で、胴体に針金のようなものが巻き付いた野犬が見つかった。

 皮膚に食い込んだ部分が赤く傷になっており、後脚を引きずるように歩いている。

 市民から通報を受けた市保健所動物愛護センターは23日にも保護に乗り出す。

 同センターによると、雑種の雄で体長約70センチ。市内の女性が見つけ、今月10日頃、「私が飼育するので、保護してほしい」と申し出たという。

 犬は警戒心が強いため、遠方から麻酔銃を使うなど、恐怖感を与えない方法で捕まえる計画。

 同センターの佐藤隆司所長は「いたずらで巻き付けたのだとすれば許されない行為。一刻も早く保護し、治療したい」としている。

カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)
インフルでの入院、8週連続で減少(医療介護CBニュース)
自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害-大阪地検(時事通信)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)

東ティモールPKOの川上氏急死(時事通信)

 外務省に15日入った連絡によると、国連東ティモール統合ミッション(UNMIT)の川上隆久事務総長副特別代表(60)が首都ディリの自宅で死亡しているのが見つかった。14日には元気な姿が確認されていた。死因は調査中だが、襲われた形跡はなく、病死の可能性が高いという。
 川上氏は1977年、外務省に入り、国連代表部参事官などを経て、2008年9月にUNMIT事務総長副特別代表に就任。国連平和維持活動(PKO)の実務に精通し、カンボジアやアフガニスタンに派遣された経験を持つ。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチで耐震診断開始=防衛省派遣の技官
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業
岡田外相、ハイチ訪問を検討

<天皇、皇后両陛下>愛子さま通学問題気遣う(毎日新聞)
「死刑廃止派」千葉法相、半年で執行ゼロ(読売新聞)
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)
ソメイヨシノ 福岡で開花…陽気に誘われ(毎日新聞)
府民の会、教育長に国旗の常時掲揚を要望(産経新聞)

鳩山内閣、16日で発足半年=政治とカネ、普天間で難局続く(時事通信)

 鳩山内閣は16日、昨年9月の政権発足から半年を迎える。衆院選で「政治主導」を掲げて政権交代を果たしたが、「政治とカネ」の問題が響き、内閣支持率はスタート時から半減。また米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題も混迷の度が深まっている。夏の参院選での民主党の苦戦が指摘される中、鳩山由紀夫首相にとって厳しい政権運営が続く。
 首相は当面、月内成立が確定した2010年度予算案の着実な執行に全力を挙げる。子ども手当や高校授業料の実質無償化など「政権交代の成果」をアピールし、支持率回復を狙う。
 しかし、時事通信社の3月の世論調査では、鳩山内閣の支持率は30.9%まで下落、政権運営の「危険水域」とされる20%台が目前に迫った。首相や小沢一郎民主党幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件に加え、新たに北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件が発覚し、逆風にさらされている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

大阪万博から40年、パビリオンで記念式典(産経新聞)
大学生の「就業力」アップ、国が5年計画(読売新聞)
架空のマンション転売話で詐欺 不動産ブローカー再逮捕(産経新聞)
全日空、日航で欠航相次ぐ 強風や降雪で羽田発着便など70便(産経新聞)
対馬市議会 外国人参政権法案 反対の意見書採択(産経新聞)

ボブ・ディランの新作は「絵本」(産経新聞)

 ピュリツァー賞特別賞を受賞したり、ノーベル文学賞候補としても話題になっているボブ・ディラン(68)が新作を発表-。といっても曲ではなく、今回は絵本。名曲「フォーエバー・ヤング」を題材にした「はじまりの日」が岩崎書店から刊行された。

 物語は、息子のジェイコブが誕生した際に作った1974年のヒット曲「フォーエバーヤング」の歌詞とともに、ボブ・ディランの半世紀の足跡をたどる。絵はニューヨーク・タイムズなどで活躍するイラストレーター、ポール・ロジャース。日本語訳は、中原中也賞などを受賞している米国人の詩人、アーサー・ビナードが担当した。

 《きみが 手をのばせば しあわせに とどきますように/星空へ のぼる はしごを 見つけますように…》。息子を思う温かで切ない歌詞が胸に響く。一方で、絵はユニークだ。

 ウディ・ガスリーやビートルズ、キング牧師など、さまざまな人物がさりげなく登場する。「ライク・ア・ローリング・ストーン」という歌に出てくるシャムネコのほか、移動レコード屋にブルースのロバート・ジョンソンのレコードが売ってあったり…。ちりばめられた“遊び心”を探し出すのも楽しい。

 岩崎書店の河本祐里さんは「翻訳は難しい作業だった。タイトルをはじめ“意訳”も多いが、新鮮だ、という声が多い。ボブ・ディランのファンから、子供まで幅広く楽しめる一冊では」と話している。(宮田奈津子)

放鳥トキが「擬交尾」=初確認、繁殖に期待-環境省(時事通信)
Microsoft、「Silverlight 4」のRC版をリリース
雑記帳 名曲「なごり雪」の記念碑 大分県JR津久見駅に(毎日新聞)
<国民健保>昨年、保険料支払えず死亡は33人 民医連調査(毎日新聞)
<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)

「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機-宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は12日、神奈川県相模原市の宇宙科学研究本部で、5月18日打ち上げ予定の日本初の金星探査機「あかつき」と、太陽の光の力(太陽光圧)を帆に受けて進むソーラーセール実証機「イカロス」を公開した。
 鹿児島・種子島宇宙センターからH2Aロケット17号機で打ち上げられるあかつきは、観測カメラなど六つの機器を搭載。二酸化炭素に満ちた高温、高圧の金星大気の謎を調べる。
 ともにH2A・17号機に搭載されるイカロスは、打ち上げ後に14メートル四方の薄い樹脂製の帆を展開。世界初となる太陽光圧による宇宙空間の航行や、帆に張り付けた薄膜太陽電池による電力確保技術を実証する。これらの技術は、将来の無人惑星探査などに役立つという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)
<パリコレ>日本人デザイナーが登場(毎日新聞)
<子ども手当>公明が賛成へ 民主と修正合意(毎日新聞)
北教組、違法献金事件で支部にかん口令(読売新聞)
教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分-東京(時事通信)

<恐喝未遂>「みかじめ料」要求容疑で組員逮捕 愛知県警(毎日新聞)

 名古屋市中区の歓楽街「錦三(きんさん)」の路上で食品を移動販売していた業者からみかじめ料を脅し取ろうとしたとして、愛知県警は4日、同県北名古屋市西之保、山口組弘道会系組員、浜坂康之容疑者(42)を恐喝未遂容疑で逮捕したと発表した。

 容疑は1月26日~2月14日に3回、中区錦3の路上で加工食品を販売していた三重県の男性(38)に「ここでやるならショバ代がいるでな。相場で2万円だ」「家族構成全部調べてな、きっちり行くぞ」などと脅し、みかじめ料を取ろうとしたとしている。県警によると「脅した覚えはない」と容疑を否認しているという。県警によると、錦三では同会系暴力団が94年ごろから「警ら」と称し、飲食店や移動販売業者などを定期的に巡回していた。警らは6団体から3人ずつ、計18人で編成。日祝日を除く午後7時~翌午前2時に巡回していたという。

 県警は、同会が組織的に、移動販売業者や店舗業者から定期的にみかじめ料を徴収していたとみて、全容解明を進めるとともに、幹部の関与について調べる。【秋山信一、中村かさね】

【関連ニュース】
ストーカー容疑:ノエビア元副社長を再逮捕 脅迫容疑でも
容疑者に便宜:たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒
銃弾?入り封筒:東京地検に届く 小沢氏逮捕求め
神奈川県警:「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ
浜崎あゆみさん:自宅に脅迫状 恐喝未遂容疑で男逮捕

5歳長男が餓死 虐待死で両親逮捕 奈良県桜井市 (産経新聞)
会計書類の一部見つからず=北教組、処分の可能性も-規正法違反事件・札幌地検(時事通信)
自民・石破氏、選択的夫婦別姓に反対(産経新聞)
桜川市長に支払い命令=結婚式に公用車「私的な利用」-水戸地裁(時事通信)
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10~15キロ(毎日新聞)

小沢氏と創価学会首脳が会談 融和か拙速か 本音は(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が2月26日夜、都内のホテルで公明党の支持母体である創価学会の首脳クラスらと会談し、今後も協議を継続することで合意した。学会は平成11年に自公連立がスタートして以来、自民党との関係を重視してきたが、7月の参院選を控えたこの時期のトップ会談に、与野党双方に波紋が広がっている。

 会談には、輿石東参院議員会長も同席。参院選後の民主党と公明党との連携も視野に入れながら、選挙協力の可能性についても意見交換したとみられる。

 小沢氏は新進党当時、学会のベテラン幹部らとの人脈を持っていた。今回の会合には「民主党が参院選で大勝できない場合に備えて、小沢氏も(学会との)パイプを復活させようとしているのではないか」(党幹部)との見方が強い。

 一方、学会側にも民主党との関係改善のメリットがある。

 石井一選対委員長や菅直人副総理・財務相はかつて、公明党と学会の関係を「政治と宗教の問題」として国会審議で取り上げ、学会最高幹部の国会招致についても言及していた。さらに、民主党内には宗教法人に対する課税の拡大を求める意見があるほか、衆院の定数削減や選挙制度の見直しなど公明党や創価学会を刺激する動きもある。

 このため、学会側も今回のトップ会談について「民主党との関係改善を急いだのではないか」(関係者)と受け止めている。

 ただ、民主党にとって、学会との関係改善は他の宗教団体からの支援にマイナスに作用するとの懸念もある。平成16年の参院選や昨年の衆院選では、これまで自民党を支持していた宗教団体で民主党支援に回った組織も少なくないが、こうした団体の動きが止まる可能性もある。

 学会が全面支援している公明党は2月24日、山口那津男代表が鳩山由紀夫首相と会談。1月の党人事でも、小沢氏に近いとされる市川雄一元書記長を常任顧問に起用した。公明党の「民主党シフト」が顕著となるなか、学会と民主党の関係改善の行方にも注目が集まっている。

愛染院文書が練馬区の文化財に(産経新聞)
バンクーバー五輪 話題の選手や競技「特需」は(毎日新聞)
対ガンブラーで14社結束、情報共有し防御研究へ(読売新聞)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
<皇太子さま>アフリカ訪問へ出発 3月15日帰国(毎日新聞)

<毎日俳句大賞>隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)

 第13回毎日俳句大賞(毎日新聞社主催)の表彰式が1日、東京都千代田区の如水会館で開かれた。「大阿蘇の山懐へ帰省かな」で大賞に輝いた隗(かい)一骨さん(68)=横浜市戸塚区=をはじめ、受賞者らが出席。菊池哲郎・毎日新聞社常務取締役・主筆があいさつした後、隗さんは「私にとって故郷に近い阿蘇山は心の山。これからも折に触れて阿蘇を詠みたい」と喜びを語った。隗さんの句について、選者の小川軽舟さんは「明るく伸びやかな調べに、阿蘇を前にした喜び、古里に帰ってきた喜びが表れている」と評価した。

 「さかあがりできたらせみがなきやんだ」で「こどもの部」最優秀賞に選ばれた泉野月花さん(6)=大阪市住吉区=は「公園で逆上がりの練習をしていた時にできた俳句です。今ではバッチリできるようになりました」と話し、拍手を受けた。英語の作品で「国際こどもの部」最優秀賞を受けた東海大相模高1年、古屋友輝さん(16)=神奈川県小田原市=は「中学の修学旅行で訪れた奈良での体験を題材に作った。もっと英語のスキルを高めたい」と語った。

【関連ニュース】
医療事故書籍:集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定
毎日育英会奨学生:卒業祝賀会を東京で開催
別大毎日:広瀬・大分県知事、市民マラソン化を提案
毎日・DAS高校生デザイン賞:大阪で表彰式
訃報:小林治雄さん84歳=毎日新聞に「ヒトクチ漫画」

地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測(時事通信)
<事業仕分け>公益法人は7基準で “隠れ天下り”にもメス(毎日新聞)
<インスリン事件>24歳看護師逮捕 京大病院の担当者(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
予算案、きょう参院で審議入り(時事通信)

太平洋広域で津波の可能性=日本への影響調査-チリ大地震で気象庁(時事通信)

 チリ中部で起きた大地震で、気象庁は27日、太平洋の広域に津波発生の可能性があると発表した。日本への津波の有無については調査中としている。 

【関連ニュース】
〔特集〕慟哭の島-ハイチ大地震取材体験記
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕中国・四川省大地震
〔特集〕写真で振り返る阪神大震災
大地震の死者30万人にも=20世紀以降で最悪の恐れ-ハイチ

郵政民営化で解雇不当訴訟の請求棄却 大阪地裁(産経新聞)
衆院選無効訴訟で判決へ=別枠配分「違憲」と主張-東京高裁(時事通信)
高知・須崎港でも1.2メートル(時事通信)
年金の与野党協議に前向き=国会説明「小沢氏に任す」-鳩山首相(時事通信)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)

同乗者3人、不起訴で検討=運転手は起訴へ、名古屋ひき逃げ-地検(時事通信)

 名古屋市熱田区の交差点で1日未明、男女3人が死亡したひき逃げ事件で、車に同乗し、危険運転致死容疑で逮捕されたブラジル人の男3人について、名古屋地検が不起訴の方向で検討していることが26日、捜査関係者への取材で分かった。
 事件では、同乗者について同容疑で刑事責任を問えるかが焦点となっていた。
 愛知県警熱田署捜査本部は5日、赤信号を無視して猛スピードで交差点に進入し、歩道上で信号待ちをしていた被害者をはね飛ばし、死亡させたなどとして、危険運転致死と道交法違反(ひき逃げなど)の疑いで、運転手のロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者(26)を逮捕した。
 捜査本部はその後、同乗者3人についても、「パトカーの追跡を受けた際は、危険な運転をしてでも逃走しようと示し合わせていた」という供述などから、危険運転致死容疑の共謀が成立するとして、逮捕に踏み切った。
 しかし、こうした供述以外に、同乗者3人がロシェ容疑者に対し、赤信号の無視などを促した明確な証拠がないことから、同地検は起訴は困難との見方を強めているとみられる。一方、同容疑者については拘置期限の26日、危険運転致死と道交法違反の罪で起訴する方針を既に固めている。
 また、捜査本部は、同乗者の一部が拘置期限を迎える週明けにも、事故車両とは別の車を盗んだとして、窃盗容疑で4人を再逮捕する。 

【関連ニュース】
窃盗容疑で来週再逮捕へ=ブラジル人の男4人
ひき逃げの米兵、無罪主張=死亡させた事実は認める
死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減
危険運転で同乗者2人を再逮捕=名古屋ひき逃げ
危険運転致死で同乗者逮捕=4人目ブラジル人出頭

匿名掲示板
ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)
「幸運のオレンジ色」JR中央線201系引退へ(読売新聞)
「アトピーに効く」エタノール混ぜ販売容疑(読売新聞)
海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)

昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)

 南米チリの大地震による津波から一夜明けた1日、宮城県内では、気仙沼市や石巻市など太平洋沿岸の全15市町の約7万世帯(19万1109人)に出ていた避難指示や勧告が解除され、避難所はすべて閉鎖された。

 津波は落ち着いたが、北部沿岸地域では深刻な漁業被害が明らかになってきている。漁業者は沖に出て養殖施設の被害を確認したり、浸水の被害を受けた市民らが後かたづけに追われていた。

 「年に300万円稼いでいたのに今年はゼロ。収穫の目前だったのに」。気仙沼市の昆布養殖業尾形利正さん(65)は嘆く。気仙沼湾で育てた昆布の養殖いかだが気仙沼魚市場前まで約2キロ流されるなど、津波は大きな被害をもたらした。

 気仙沼湾は細長く、水深が浅いため、津波の流速は上がり、特に内湾の養殖施設が大きな被害。県漁協気仙沼総合支所によると、被害額は5億円を超えるとみられる。

 ノリの養殖が盛んな塩釜市の離島、浦戸諸島でも、収穫が近いノリなどに被害。朴島では「生産額は5000万円を見込んでいたが、ゼロだ」と県漁協塩釜市浦戸東部支所の内海光雄さん(60)は残念そうだ。

 市水産課によると、ノリの生産額や施設の改修費を含めると、浦戸諸島の被害額だけで2億円ほどになる。市全体では「かなりの額に上る」(同課)としている。

 県内産カキの出荷額6割を占める石巻市では、牡鹿半島西部の県漁協各支所に大きな被害が集中。いずれも養殖棚の固定ロープなどが切れ、隣接の養殖棚に絡んだケースが大半だ。東部支所では2年ものの来シーズン用のカキ養殖棚に5割近くも被害が出ている。

トヨタは誠実対応を=鳩山首相(時事通信)
首相がトップセールス、ベトナムに原発売り込み(産経新聞)
苫小牧など国内移設先明記=普天間、社民案の全容判明(時事通信)
トヨタ社長の姿勢を評価=米公聴会出席で-経産相(時事通信)
<啓朋学園寄付金流用>元理事長の上告棄却 最高裁(毎日新聞)

リル・ママ

ニアーシャ・ジェシカ・カークランド(Niatia Jessica Kirkland、1989年10月4日 - )はリル・ママ(Lil Mama)の芸名で知られ、ジャイヴ・レコードと契約しているアメリカ合衆国の女性ラッパーである。リル・ママはハーレムで生まれて後に行政区ブルックリン区に移り住んだ。彼女はエドワード・R.マロー高校に通った。現在、アメリカのオーディション番組『America's Best Dance Crew』の審査員を務める。2009年MTV Video Music Awardsでの出来事リル・ママは歌手仲間のジェイ・Zとアリシア・キーズが『エンパイア・ステイト・オブ・マインド』を披露し、2人のパフォーマンスが終盤に差し掛かったときに突然ステージに乱入し問題となった。授賞式直後からTwitterではこの話題で持ちきりとなるなどメディアの注目を集めた。リル・ママは後に「2人のパフォーマンスを見て感情が高まりステージに上がってしまった。」と釈明し、2人を軽蔑をする意味をもった行動ではなかったと声明をだし謝罪した。ディスコグラフィーアルバム2008年:VYP-ヴォイス・オブ・ザ・ヤング・ピープル2009年:ヴォイス・オブ・ザ・ヤング・ピープル: アイ・アム・ザッツ受賞とノミネートBETアワード2008年:最優秀女性ヒップホップ・ラッパー賞(ノミネート)2009年:最優秀女性ヒップホップ・ラッパー賞(ノミネート)MTV Video Music Awards2007年:モンスターシングル賞 『リップ・グロス』(ノミネート)ティーン・チョイス・アワード2007年:優秀ラップ歌手(ノミネート)2007年:優秀ミュージック中継 『ショーティー・ゲット・ルース』(ノミネート)2007年:優秀サマーソング 『リップ・グロス』(受賞)MTV Asia Awards2008年:Best Hook-up 『ガールフレンド(リミックス)』 - featured アヴリル・ラヴィーン(ノミネート)脚注外部リンクOfficial website (英語)ソニーミュージック (日本語)リル・ママ - Internet Movie Database (英語) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9

パナソニック電工、電気カーペットから発煙(読売新聞)
もうすぐ見納め ボンネット型急行「能登」の雄姿(産経新聞)
節分 鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ(毎日新聞)
パチンコのモニター登録料名目で現金を詐取 被害は全国で約3600万円か(産経新聞)
山本病院理事長ら逮捕 業過致死容疑 経験なく肝臓手術(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターたかしのざわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。